院長ブログ

TOP 院長ブログ 片頭痛は治るのか???

片頭痛は治るのか???

片頭痛は治るのか???

新しい片頭痛の予防薬の認可が下りることになりました。朗報です。注射薬なので月に1回の注射を繰り返して予防していくもので、頭の中で炎症を起こす物質「CGRP」を抑える効果があるとのことです。片頭痛の発症メカニズムの主流には「三叉神経血管説」という仮説があります。それは何らかの誘因でセロトニンという化学物質が、三叉神経と頭蓋内の血管の双方に作用して、血管を拡張させ、拡張した血管の周りの神経が痛みとして感じることによることです。三叉神経とは顔を含む頭蓋内の痛みを感じる「感覚神経」です。さらに、セロトニンが炎症性物質である「サブスタンスP」や「CGRP」という化学物質の放出を促進し、それらが三叉神経に痛み刺激を与えるという考え方です。セロトニンを抑える物質が「トリプタン系薬剤」であり、現在片頭痛の屯用時の特効薬として使用されています。

最近の出来事ですが、頭痛薬を軽微と思われる頭痛(頭痛が軽くても内服するという方)で、たくさん鎮痛剤を内服している方に、「冷やしたりして(頭痛はこめかみを冷却すると軽減することが知られています)、痛み止めの回数を減らせませんか」と提案したところ、「私がそうすぐ気楽に薬を飲んでいるような言い方はやめてください」と私が却って怒られてしまいました。確かにその通りです。頭痛は軽くてもつらい人にはつらいものなのです。

実は何人かの患者さんにはお話し済みですが、私自身が非常に頑固な「頭痛もち」なのです。所謂「片頭痛」と「緊張型頭痛」の双方を持っており、予防薬、屯用薬とも欠かせません。

ここで、頭痛に対する保険加入の問題を解決しておきたいと思います。つまり「頭痛もちは保険に入れるか」という問いです。ここでいう頭痛は「機能性頭痛」であり、脳出血や脳腫瘍などの器質的疾患による頭痛は除きます。器質的疾患については、答えはもちろん全く問題なく「YES」です。「日本頭痛学会からの見解」では、「頭痛があるということで保険に加入できないことはない。もちろん『健康上の問題』という大切なペナルティもつかない」という公式な文言が出されております。

以下、日本頭痛学会より

 

片頭痛の保険加入拒否問題についての見解

平成24年5月1日

日本頭痛学会会員各位

片頭痛の保険加入拒否問題についての見解
日頃日本の頭痛医療に並々ならぬご尽力をいただきまことにありがとうございます。
かねてより片頭痛患者の生命保険加入問題について活動してまいりました。
まず日本の生命保険会社の団体である保険協会に働きかけました。同協会から「片頭痛患者の保険加入については各保険会社に指導できる立場ではない」というお返事をいただきました。
そこで疾病の保険加入について意見を具申しているであろう日本保険医学会に申し入れを行いました。同医学会から平成24年3月15日付けで「片頭痛の罹患を原因として生命保険への加入を拒否される事実はないと認識している」というお返事をいただきました。
これらのコレスポンデンスを通じてわかったことは、以下の各号です。
1. 生命保険会社が全体の方針として片頭痛患者の生命保険加入の制限していることは
なさそうである。
2. 各生命保険会社の方針として加入に制限を加えているということもなさそうである。
3. しかし現場の判断で個々の症例ごとに片頭痛の通院を問題視する事例はある。
4. その場合も片頭痛をとくに問題のある疾患ととらえているのではなく、通院・治療中という
ことを神経質にとらえているようである。
今後の対策としては、片頭痛患者が保険加入に難色を示された場合は、下記の各号の対応をとるのはいかがかと考えました。
1. 日本頭痛学会としては片頭痛を保険加入に支障がない疾患と考えている。
2. 保険団体も片頭痛は加入に問題があるという見解は示されていない。
3. 以上を患者から保険担当者に伝えていただく。
4. それでも加入に問題視されるの場合は「片頭痛で通院加療中であっても健康上の問題は
ない」旨の診断書を発行する。
しばらくはこの方針を会員にお伝えし、成り行きを見守りたいと思います。個々の拒否事例が持ち上がった場合には、生命保険加入問題事例を日本頭痛学会事務局にメールでご報告いたきたく存じます。報告時には集計の都合上別添の「事例報告フォーマット」をご使用いただけると好都合です。これらの事例の情報集約と分析を行ったうえで、あらたな行動を起こしたいと考えております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
【生命保険加入拒否事例報告書】

日本頭痛学会診療向上委員会委員長 山根清美
社団法人日本頭痛協会 代表理事 間中信也

 

さておき、私が頭痛専門医を目指したのは、自分自身が頭痛もちであり、頭痛のつらさを知っており、頭痛の治療に興味があったからにほかなりません。そこで分かったことは「慢性頭痛は軽減させることが出来ても治らない」ということと「頭痛との付き合い方次第である」ということです。

頭痛は気楽な疾患ではありません。日常生活を阻害する疾患でもあります。しかしながら、そこは何とか気長にうまく付き合っていこうではありませんか。

診療時間・アクセス

〒274-0060
千葉県船橋市坪井東3-9-3 船橋日大駅前ビル2F
≪東葉高速鉄道 船橋日大前駅 東口駅前≫

診療
受付時間
9:00
〜 12:00
-
14:30
〜 18:30
- - -

※第1, 3, 5週目の木曜は、診療時間が10:00 〜 12:00となります。
(9:00 〜 10:00は、検査・処置時間のため)

休診日:第2, 4週目の木曜 / 木曜午後 / 土曜午後 / 日曜 / 祝日

来院時のご案内

  • 来院時は「保険証」とお持ちの方は「診察券」が必要になります。

脳神経内科疾患の方へのご案内

  • パーキンソン病や脳梗塞、認知症などの「脳神経内科」の新患患者様は、電話予約を受け付けております。
  • 脳神経内科の患者様は診察にお時間をおかけしますため、「脳神経内科新患日」を含め、原則的に予約診療となります。
  • お電話のご予約・お問い合わせ時の電話受付時間は、原則的に診療時間内となります。

その他のご案内

  • 内科の患者様は、ご予約不要随時受け付けております。
  • 学会等で診療を早く終了することもございますので、可能であればお電話にて事前にお問い合わせください。
  • ご予約外受診の方あるいは内科新患の方は、脳神経内科新患日が比較的すいております。ご利用下さいませ。

アクセス

電車でお越しの方

最寄駅は、東葉高速鉄道「船橋日大前」駅 東口駅前になります。

【船橋・東京方面から】
東葉高速鉄道(地下鉄東西線直通)勝田台方面へ
→「西船橋駅から12分」
【松戸・鎌ヶ谷方面から】
東武野田線 柏・新鎌ヶ谷方面より 新京成電鉄 津田沼方面、北習志野駅乗換
→ 東葉高速鉄道 勝田台方面へ「北習志野駅から2分」
武蔵野線 新松戸・新八柱方面より西船橋駅乗換
→ 東葉高速鉄道 勝田台方面へ「西船橋駅から12分」
【津田沼方面から】
新京成電鉄 松戸方面、北習志野駅乗換
→ 東葉高速鉄道 勝田台方面へ「北習志野駅から2分」

車でお越しの方

ビルの横に「くすりの福太郎」様との共用駐車場があり、カード式でゲートになっております。
車でお越しの場合は一家族当たり1台までとさせていただきます。
混雑する場合がございますので、できるだけ公共交通機関のご利用をお願い致します。